水・クラウン

増加している

増加傾向にある新型うつ病とは

最近は新型うつ病が20代から30代の若い人たちを中心に増えています。 従来のうつ病では仕事や日常生活がうまくいかなくなったとき、「自分の責任」と思い込んで体の調子が崩れるのが特徴でしたが、新型うつ病ではこれを「周りの責任」とする傾向があるようです。自尊心が強い人のこの傾向があるようです。 この新型うつ病の患者さんは職場にいるときは調子が悪いのですが、職場を離れてプライベートのときは元気になるので、周りの人は甘えではないかと誤解することも多いようです。 この新型うつ病の患者さんは今後も増加傾向にあるようですが、現在のところまだ(医学的な定義もはっきりしないのでその扱いも専門家の間では意見が分かれているようです。

マイナス面の指摘は拒絶反応を示すので要注意です

近年若い世代を中心に増加している新型うつ病の患者さんですが、周りの人たちはどのように接すればいいのでしょうか。 新型うつ病の患者さんに特徴的なのは、周囲の言葉に対して過敏に反応するということが挙げられます。そしてそれを被害的に受け取る傾向があります。言葉をかける側はそれほど厳しいことをいったわけではないのですが、患者はそれを「周りが悪い」とうけとめ攻撃的な反応を示します。 周りの人の対応はとても難しいのですが、大切なことは出来ることを本人にやらせ達成できれば評価する姿勢なのではないでしょうか。小さな成功体験を積み重ねて自信をつけさせることでしょう。逆に命令口調で接したり、マイナス面を指摘するようだと強い拒否反応を示してしまうので要注意です。